いぶっこのブログ

絵本と漫画の作品と作者あとがき。

たぬきさん あるひとに変身してみたよ

f:id:evecco:20211125182259j:plain

f:id:evecco:20211125182312j:plain

 

【作者後記】

 

ひょんなことから意外な展開に発展する。

 

これって、運がいい、だけじゃないようなきがします。

 

というのも、この作品でいえば この二人が最終的にこうなったのは「いままでの経緯(ストーリー)が感情をともに、これまでいろいろあった」からこうなったわけで、

 

たぬきさんががおこなったのは結果的に きっかけづくりでしかないんですよね。

 

(みていただける方々のそれぞれのご感性で捉えていただきたいですので、

あまりこの作品はこうだ、と解説的なことはしたくはないのですが)

 

本文(本作品ではない)に戻りますと、なにか自分の中で変えたいことがあっても変えられないときは、なにかのきっかけに頼っていいとワタクシは思います。

 

自分から変えられる意志がないならよわいひとだ、とおもわれるかもしれませんが、

全員が全員、自ら変れるのであれば、三日坊主 という言葉は存在してないと思いますし、ひとはそんなに強い生き物でもない(かといってそんなに弱い生き物でもない)とワタクシはおもっております。

 

 

ただ、環境が変わると ひとは変われる(あるいは変わらざるをえない)ように、

 

本質的に自分から変われるひとは、

 

・相当強固な強い意志を持っているか、

 

・(良いも悪いも)自分にとって強烈な経験、体験を経たか、

 

・その先に強烈な目標、目的があるか、

 

・ひとに『強制』されることなく自らが心の底から誓った

(他人に強制されているあいだは変われている風ですが、強制されなくなったら、本心からその考えが自分に馴染む考えに至ってないと 元に戻りやすいとワタクシはおもいます)とか、

 

とまあ、これらはワタクシの中だけかもしれませんが、ワタクシはそう考えます。

 

あるいは、

・全くなにも考えてないパターン(これはこれでフットワークがかるくなるというメリットはある)もありますが、

重要判断をする場合はリスクマネジメントはしておいたほうがいいですよね。

 

とまあ、もちろんそれだけでもなく、性格も関係していますし、やはりひとそれぞれかもしれませんが、

 

総じてワタクシが記しておきたかったことは、

 

なにかのきっかけで変われるとしても、

変われる(なにかのチャンスをつかむ)のは、それまでのいろいろ過去や経験、それによるいろいろな喜怒哀楽、としての積み重ねが下地としてあったから、

だとおもいます。

(このことは本文冒頭でも記したように 本作品のバックボーンにも関連してますよね)

 

あと、これらのことは、なにかを「続けられる」ことにも共通していると思います。

(よろしければ、「変われる」として書いた箇条書きの箇所を「続けられる」として読み返していただければそうなるハズです)

 

自らの意志で積極盛んに前向きに頑張れる方々は素晴らしいと思いますが、ビビりで消極的なワタクシ自身としてはそれは不向きなので、きっかけを待ってるがためではく 目標を叶えられるため、日々のコツコツを ワタクシなりに歩んでいくことに励んでいます。

 

皆様も皆様なりの「前向きななにか」を大切な日々より得ながら、充実した人生をお送りになりますように。